« 発表準備 | Main | 東京ガイド »

2005.03.12

チャンピオンズリーグ

の放送が夜中の3時までやっていて、翌日のシンポジウムが9時30スタート。奇跡的に間にあい、自分的には勝利。
午前中は生物の話が多くて、あまり寝ていないこともありこっちの世界とあっちの世界を行き来していた。午後に言語情報の話が入ってきてからはきちんと聞きました。文献から情報を抽出するというタスクは面白かったです。Collierさんのとか。近年のBiologyでは論文やジャーナル、データベース等としてのデータ生成量がとても多すぎて(一週間で10TBの自然言語、ゲノム情報が生まれているそうだ)、全体を「網羅的」に見ることはできないとのこと。うーむ俺は、数回の学会分でさえサーベイしそこなっているのに。

バイオロジーは、いろいろな情報がただで簡単に手に入る( 例えば、ensemble)。お金と人がすごい勢いで動いているなぁと衝撃をうけた。いいコーパスを作るためにはお金が必要と今日の発表者も言っていたなぁ。知恵や技術でも、なんとかしたいものだなぁ。

夜に高校のラグビー部の同級生と飲み会でした。なんだかんだで高校の頃とみんなあまり変わらないもので。
社会に出ても世の中の荒波に負けずがんばってください。俺はまだ学校でがんばります

|

« 発表準備 | Main | 東京ガイド »

Comments

生物の話の詳細希望。
あと、それでも「網羅的」を要求するのが Biology だと思われ。

Posted by: dasm | 2005.03.12 at 03:14 AM

生物の話は、KEGGとか、MygridとかとかGO(Gene Ontology)とかでした。詳細になってない・・すいません。
網羅的にできない理由として全体が把握できないほど拡大しつづけているだけでなく、どのように生物現象を表現(抽象化)するかでも統一されずいろいろな方法があるという問題もあげられてました。MITREからもきてましたが、バイオもやってたんですね。講演者がおもしろい人でした。

Posted by: oka | 2005.03.12 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3041/3263409

Listed below are links to weblogs that reference チャンピオンズリーグ:

« 発表準備 | Main | 東京ガイド »