« December 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.31

そんなに憂鬱?

本屋で刺激的なタイトルを見つけた
日経コンピュータ2006年1月号「IT関連学会の憂鬱」[link]

各学会の予算や人数が一覧表になっていて、どこがどういう規模で、どういう先生がなっているか分かるのがおもしろい。

世界各国から投稿がくる米国の学会と比較するのはどうなんだろうと思ったが、考えてみれば別に米国が中心でなくてもいいわけだよなぁ。根本的に、英語・日本語の問題はあるけど。。

開発現場に関する研究が無いということに関しては、IPA主催で新しいジャーナル作ってた[link]。昨年の未踏授賞式の時、一緒に創刊一周年記念をやってた。たくさんの企業の人がきていて、需要はすごいあるんだなぁと思いました。(いや、単に省の方にご挨拶しにきていただけかもしれない。)

でも、すぐに役立たないかもしれない話も、とても重要。今年の言語処理年次大会の協賛は例年に無く豪華でいいことだ[link]。見るたび増えているが、いろいろあるんだろうか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.01.30

高2

土曜、高2の時の同窓会があった。みんなそれぞれの道を進んでいるが、昔と全然変わっていない。
高校の頃の感情が、よみがえって若返った感じがした(そんなに年老いたわけではないはずだが・・)。

aoe3買ってしまった・・。あおえさんじゃないです。

夜はプログラム。地道な最適化

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.27

数学?

俺は、祖母の家に居候中。ほぼ毎日ヘルパーが来て祖母の洗濯とかやってもらっている。俺は昼頃おもむろに起きて外に出て行く。一体何をやっているのかと思われているのだろう。
先日、ヘルパーさんと、少し話す機会があり、何をやっているのかといわれ、最近ずっと数字をいじっているので、思わず数学ですと答えてしまった。足し算を速く解いていますとか言ったが、さらに距離が遠くなっただろうか。
さらに、スポーツ会登録で教育学部となっている。なぜ。

メモもかねて感想。

Rank/Select Operations on Large Alphabets: A Tool for Text Indexing, Alexander Golynski, Ian Munro and Srinivasa S. Rao, SODA2006
---
rank select操作を一般アルファベット上で行う方法としてはwavelet tree、アルファベット数が十分に小さい場合は理論的には提案されていて、これはアルファベット数に制約が無い場合でrankをO(lglgΣ)、selectをO(1)で行う方法。作業領域はnH_0 + o(n) bit だが、実装するとこれを達成するのはちょっと難しそう。これで注目すべきは、符号化の際にpermutationのsuccinct representationを使うところ。ここを突き詰めるともっと作業領域下げられそう

Veli Mäkinen and Gonzalo Navarro. Position-Restricted Substring Searching. To appear in Proc. Latin American Theoretical Informatics (LATIN 2006),
---
SAとかを使ったパタン探索で、元テキスト中のある範囲内[p...q]内にあるパターンのみを報告するためのテクニックをいろいろと紹介。今までなかったのが不思議。この中で特に面白いのが二次元領域探索問題をwavelet treeを使って索引付けしているところ。wavelet treeっていろいろ使えるんだなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.25

サーベイ

ずっと言語モデル中心に論文読み漁ってました。

これと全く関係ないですが(これ使った言語モデルもありますが)、粒子フィルタの解説が良かったです。これは非ガウシアン、非線形時系列を記述する広範囲の時系列モデルが与えられた時、それらの高次元の状態ベクトルを推定する手法(アブストを略しました)。 なにより実装が簡単そう。
「粒子フィルタ」電子情報通信学会2005年12月号
この中で尤度を測っているところの表記で少し混乱してしまった。観測値y_1...y_tが与えられている状況で各particle x_tのwt= p(y_t|x_t)を測るのか。この尤度p(y_t|x_t)が効率良く求められるかは問題依存なのかな。

一応wikipediaのリンクもParticle filter (wikipedia)

実装しようと思うと微妙に悩むところがいろいろある。例えば、復元抽出もまじめにやるより効率良くできるだろうし。具体的な実装ってないのかなぁ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.01.24

Bayesian Sets

Bayesian Sets, Z. Ghahramani, K. A. Heller, NIPS 2005 [paper]
が面白い

Google Setsにインスパイヤされたと書かれている。これが扱っている問題は、複数のクエリを与えた時に、それが含まれているだろうクラス/コンセプト/クラスター集合の残りの要素を返すという問題。このペーパーでも書かれている通り、clustring on demand という言葉がぴったりだと思う。

このペーパーでは、その問題をきちんと確率モデルで定式化していて、それは効率的に解けて、結果も(たぶん)いい。

このペーパーを見てまだもやもやしているのは、supervised clustring とどう違うのかという点。ざっと読んでみた感じだと、従来のクラスタリングでは正解のクラスタリングが一つ存在していて、それを求めるのに対し、今回のやつはおなじ要素でもクエリーによって違うクラスターに分類されるという点(一組のパラメーターから生成されていない) かなぁ。

#(追記)後でよく読んでみたら、bayesian setは、てんで、supervised clusteringではありませんでした。

あと、今回はクエリ対象となる要素とそのfeature(とはいってなかったけど)が明示的に与えられていたけど、latent featureも仮定するとかなるとさらに面白くなりそう。シンプルさが失われてしまうかもだけど。

#(追加)これも後で考えてみたら、違う方向。できるとすればsetではなく、階層化中の位置とかかなぁ・・。

| | Comments (423) | TrackBack (0)

2006.01.23

メール

久しぶりにスパムに分類されているところをきちんと見てみたら、結構な数の重要なメールが発見された。やばい。古いやつは消されてしまっているし・・ これからはスパムも少しは見るようにします。日程的にきつかったけど、言語処理年次大会出したほうがよかったよなぁ・・

土曜は昼寝て起きたのが夕方ぐらいでそれからバイト。駅近くでセンター試験頑張ってください、といわれてお汁粉をもらった。寒い中、お汁粉は嬉しかったので、頑張りますと答えておいた。

夕食はみんなおなかがすいていたので、欲しいものをおもむくまま注文してしまったところ、さくら水産で3000円分頼んでしまった。机にのらないくらい食事がきている状況でも、これから、豚キムチ炒めとやきうどんがひかえている悲劇。一応大体食べましたが、サバ達には悪いことをした。

日曜は古奈屋というカレーうどんが美味しいところで食べた後に、買い物をして帰宅。ニンテンドーDSを買いたかったが、どこも売れきれだった。夜は録画しておいた、ラグビーのテストマッチ(イングランド vs ニュージーランド)を見た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.21

ダイビル

昨日は秋葉原ダイビルにいる竹内先生のところにいって、圧縮索引の話をごにょごにょ してきた。

ダイビルに入ったのは初めてだったのだが、ダイビルってなんなのかなぁと調べてみるとダイビルという会社があるらしい。そして新宿アルタビルもダイビル(新宿ダイビル)らしい。アルタビルは三越が借りているらしい。ダイビルのダイは大阪ビルディングの大をとったらしい。

どうでもいいですが知っているとうれしいですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

できたー

論文出しました。またしてもぎりぎりだった。というかアウトだったのかもしれない。

集中し始めるとあまり他のことが考えられなくなってしまうのですが、今の状況を落ち着いてみてみるとは布団の上に届いたパソコンの箱がころがっており(うけとったのは今朝だったような)、外見たら、雪がつもっていて、オーブンではもちが膨らんだまま固まってます。巻くための、のりはそれだけで食べた気がする

寒いし、寝よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.17

新朝方生活

朝5:00に起きているはずだったんですよ。

後期はじめて授業に出る。久しぶりの授業は新鮮。でも今期の授業は後数回しかないらしい
午後はプログラミング&論文書き。まにあわないー。

なんか一日中眠くて眠くて仕方がなかった。家に帰って作業しようと思ったら、なぜか布団に入って寝てしまって朝方近くになってしまっていた。これをキープすれば、朝方生活が実現できるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.16

風邪になりかけたけど

今年こそ風邪ひかずに乗り越えると誓って2週間後ぐらいにひきかけたけど、ひいていないと言い聞かせ色々飲んだり食べたりしたら治ったみたい。

木曜は研究室のビデオ会議設定。つながるかドキドキだったが、結構簡単に(設定に40分かかったが)つながった。テレビの向こう側(イギリスのスタッフ)とお互いの姿を見ながらメッセで時給などを話す。金曜は研究室新年会。豆腐食べる。ルネッサンス(男子校の感覚に戻ってもいいかもしれない運動)がおこる。土曜はバイト。理論を理解していると思っても、いざ、それを実装するといろいろボロがでてくる。ウェブの情報は半分くらい間違っている。

いろいろ飽和中。。あっぷあっぷ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.01.11

壁登りにはじめて行って来ました。2回ぐらい登ったところ握力がほとんどなくなった。まだ足に体重をかけるとかができないみたい。諸事情でフリーフォールも体験しました。見ているものがスローモーションになった。

最近読んだ本

Joel on Software Joel Spolsky (著), 青木 靖 (翻訳) (amazon link)
ソフトウエア開発やマネジメントに関する内容がユーモアと絡めて書かれてる。参考になり、おもしろいが、自分の立場を考えると複雑な気分

Agile Web Development With Rails: A Pragmatic Guide (The Facets of Ruby Series)
David Thomas (著), Daivd Heinemeier Hansson (著), Leon Breedt (著) (amazon link)
最近話題のRuby on Railsを使ったwebプログラミングをRailsの作者等が解説。Rubyをそんなに使いこなしてなかったので、Rubyできれいにできるんだとただ感心。5分でFlickrのイメージ検索サイトが構築できる。(movie)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2006.01.09

掃除

することが多くなって、掃除したくなってしてました。
マシン群を整理。使ってないものを押入れにまるごといれてサーバーとして使おう

使いそうなマシンは、synergyをいれて、Windows, Mac, UNIX上のディスプレイ行き来できて、単一のキーボード・マウスで操作できるようにする。とても便利

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2006.01.08

年始終わり

家寒くて、手がかたまってキーボードうてない。。ストーブのそばから離れられない

PRA (今年度はこれ?) OB会がありました。黎明期からのいろいろな話を聞けてよかったです。どのようにしてPRAが生まれ、ガイド活動が始まったとか、ガイドの神様とかが始まったのは私が送ったからですとかの話とか。

今では80名を超える活動も、最初は1名から始まっていたというのは感慨深い。
あと、20年前の資料を見て、今と全く同じ問題が書かれていたのが面白かった。特に人間関係の話が。
OBの方々も多種多様。裁判官の方との話が面白かった。逆転裁判はありえないようだ。
その後渋谷で二次会、帰宅。

実験・論文書きと並行して、最近いろいろなことが始まりつつあります。始まりは些細でも、花開くといいな

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.01.03

高校の同窓会

高校の同級生と5年ぶりぐらいに再会。飲んできた。
ロボット研究している友人と、ASIMOが走るのがすごすぎだよねぇという話をした。配線とか、センサとかどうなってるんだろうねぇとか。専門家でもあれは驚きらしい。あと放射線技師をやっている友人が、腕のレントゲン撮影とかの置く場所もおくが深いのだよとかを教えてもらった。どの道も深い。

あとは、ウイスキーと焼酎の利き酒でベロンベロンになりました。全然当たらない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.01

新年だ

気づかないうち明けてしまった。一応初詣に行ってきた。
今年もよろしくお願いします。

年末に行った箱根では、美術館いくつか見て、箱根駅伝ミュージアム見て、駅伝のコース・ゴールを見てきました。今年の駅伝より楽しめるなぁ。同じ高校の人が出ているみたいだし。

3が日でマトロイドをやっつけよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »